骨盤矯正がしたいあなたへ!ダイエット効果も期待できる厳選グッズ特集:クッション(座布団)編

LOVE
長時間座っていて、お尻や腰が痛くなった経験はありませんか?

痛みはないけれど身体が凝りやすい、そんな方はもしかすると骨盤に歪みがあるかもしれません。

また、すでに骨盤の歪みでお悩みの方は、座ることに対する対処が不可欠です。

今回は、座り続けるリスクとその対処方法について確認していきましょう。

この記事で分かること

・長時間座りっぱなしのリスク
・凝らない身体を作る正しい座り方
・骨盤矯正グッズの効果
・おすすめの骨盤矯正グッズ(自宅用・オフィス用)

姿勢を改善することは、骨盤の歪みを矯正するだけでなく、ダイエット効果も期待できます、今日は簡単にサポートしてくれるグッズもご紹介していきます!

長時間座りっぱなしのリスク


日本では、長時間労働が当たり前となり、世界一座っている時間が長い国だと言われています。

座っている時間が長いと死亡リスクも上がるという論文も発表され、「自分は大丈夫かな?」と不安に感じた人もいるのではないでしょうか?

では、そんな座りっぱなしの生活を送る私たちには、今後どのような危険がまちうけているのでしょうか。

腰痛

立っているときよりも、座っているときの方が背中に負担がかかり、腰痛の原因となります。

特にパソコンを前にして、猫背の状態で仕事をしている時間が、最も背中を圧迫し良くない状態だそうです。

首や肩への負担

長時間パソコンの画面を見ていたり、同じ姿勢でのキーボード操作は、首や肩の筋肉を緊張させて血の巡り悪くします。

特に、猫背の姿勢でそのような作業を続けていると、骨が変形して首よりも頭が前に出始めてしまうのです。

本来であれば、カーブした背骨によって腰から首の衝撃を吸収し、負担を軽減させる役割を担っていますが、
このカーブがなくなることで、肩や首に痛みやダルさが出やすくなってしまうのです。

むくみ

座りっぱなしの姿勢は、ふくらはぎにある血液を送る筋肉を使わないため血流が悪くなり「むくみ」の原因となります。

足の筋肉量が少ない人も、リンパ液や血液が溜まりやすく座っているのにも関わらず脚が疲れてしまいます。

便秘

便秘は大腸がんになるリスクが高いと言われています。中でも、デスクワークをしている人は特に注意が必要です。

座っている姿勢は腸を圧迫し腸の動きを悪くしてしまうのです。

また、仕事中は動かないことから、腹筋や脚の筋肉が衰えて、便を押し出す力が鈍ってしまうことも原因です。

長時間座っていると、お尻に体重がかかり血液の循環が悪くなります。

血液の巡りが悪くなることで、お尻の痛みを与えるだけでなく痔へのリスクを高めてしまうのです。

骨盤の歪み

猫背などの姿勢が悪い状態で座っていたり、長時間座っている姿勢で股関節を前に折り曲げた状態でいると、骨盤が後傾することで、O脚を引き起こすなど脚のラインが崩れる原因となります。

坐骨神経痛

腰から足にかけて伸びる坐骨神経が、圧迫され刺激されることで痛みや痺れを引き起こします。

これもまた、長時間座り続けることで腰に負担をかけ続け、悪化すると歩行が困難になる場合もあります。

正しい座り方で凝らない身体をつくる


仕事に集中しすぎて、気が付くと首も肩もガチガチなんてこと頻繁にありませんか?

なんだかこれだけで、疲れも倍に感じますよね。そんな方には、座り方を見直すことで肩こりが軽減するかもしれません。

たかが肩こりと甘くみてはいけません!凝りによってあらゆるところに不調が出てしまう原因となりますので、しっかり対策を取りましょう。

正しい座り方のポイント

疲れにくい正しい座り方には、骨盤を立てて座ることが重要となります。

骨盤を立てるとは「骨盤が左右水平に正しい位置にある」状態をいいます。

次は、この「骨盤を立てる座り方」のポイントをご紹介します。

この座り方で身体に負担をかけずに仕事ができるようになるかもしれません。

深くイスに座る

座る際は前かがみになり、座面の一番後ろにお尻を置いて、深く腰を掛けましょう。

この状態は、背もたれによって背骨が支えられ、骨盤が立つのをサポートしてくれます。
 

肩と膝の水平にする

意識して肩と膝が水平を保つだけで、骨盤が正しい位置になり身体への負担が軽減されるのです。

また、椅子の高さを低めにして、しっかり床に脚をつけることもポイントです。

こうすることで、自然と股関節が90度になり、骨盤が立った正しい位置にあると言えます。

座ったままできるプチ運動

分かってはいるけど、仕事中にむやみやたらに立ち歩いたり、何度もトイレに行くのって少し気が引けますよね。

ですが、長時間座りっぱなしの状態は、肩は凝るは、腰は痛いは、脚はむくむはでもう最悪です。

さらに骨盤の歪みによって、下っ腹がポッコリ出てきたり、下半身太りが気になるなんてこともあり、デスクワークのお悩みは尽きません。

そこで、座ったままできる簡単エクササイズをご紹介します。

座っている時間を利用して、ダイエットや凝りほぐしに役立てましょう!

ドローイン

*10秒頃から
1.ゆっくり3秒かけて息を吐きます。このときお腹は凹ませます。
 
2.お腹に手を当てて行うとより腹筋を意識して行うことができるのでオススメです。
 
3.次は、お腹は凹ませた状態で息を吸いながらキープ。
 
4.頭の先を糸で引っ張られているような意識で、背筋を伸ばします。
 
5.息を吐くときに、さらにお腹を凹ませるのがポイントです。これを10回を目安に行いましょう。

このドローインは、お腹周りの効果だけでなく、骨盤が矯正されることで内臓を正しい位置へと戻し、
圧迫されていた腸を動かす働きがありので、便秘にも効果的です。

一見簡単そうですが、慣れるまで呼吸のタイミングが難しく感じる人も多いようです。

太もも上げ

*25秒頃から
1.両手でイスの座面を持ちます。
 
2.背筋は先ほどと同じように糸で引っ張られたように伸ばします。
 
3.つま先を床に付けた状態で、右側のお尻を持ち上げ、3秒キープ。
 
4.次は反対側のお尻を落ち上げキープします。お尻の穴を引き締めるように意識するとより効果的です。
 
5.左右交互に数回繰り返し行います。

このストレッチを行うことで、圧迫されていたお尻の血流を促しむくみや下半身太りを防ぎます。

血液を全身に巡らせることで、頭の回転が良くなり集中力UPの効果も期待できるようです。

ふくらはぎストレッチ

*30秒頃から
1.座った状態でしっかり足の裏を床につけます。
 
2.そこから、かかとは床に付けた状態でつま先を上げます。
 
3.元に戻して次は、つま先を床に付けた状態でかかとを上げます。
 
4.これをテンポよく続けます。

座っているとどうしても、ふくらはぎの血流が滞り、筋肉が衰えてポンプが動きづらくなります。

ふくらはぎのポンプをしっかり動かして、血液やリンパ液を溜めないようにすることで、座っているときの脚の疲れが軽減できるようです。

アキレス腱を伸ばすことで気持ちよく感じ、リフレッシュにも繋がります。

万能!骨盤サポート座布団の効果


悪い姿勢で長時間座り続けることで、様々な身体の不調を引き起こしよくないことだということは、よく分かりました。

ですが、正しい姿勢を意識しながら、長時間の仕デスクワークをこなすことはとても難しいでしょう。

そこで、それをサポートしてくれる救世主が、骨盤サポート座布団です!

どんな効果が得られるのか、見ていきましょう!

姿勢改善

楽だからと言って、前かがみや猫背が姿勢でクセになってしまっていませんか?

骨盤矯正のクッションをお尻の下に敷くだけで、自然と安定した正しい姿勢をキープすることができます。

骨盤が正しい位置に戻ることで、座布団を使わなくても背筋が美しく伸びて若々しい印象になります。

肩こり・腰痛改善

骨盤が歪むことで、その歪みをかばおうと肩や腰の筋肉が必要以上に緊張状態となり、痛みの原因となります。

骨盤が矯正されることにより、支えていた筋肉がほぐれて肩こりや腰痛を解消に繋がるのです。

ダイエット効果

骨盤が正しい位置へ強制されることで、内臓の位置が引き上げられてポッコリお腹を解消することができます。

さらに、スムーズに血液が循環できるので、こわばっていた筋肉がほぐれて、正しい姿勢をキープするために、筋肉が付きます。

筋肉が付くことで、代謝をUPさせて脂肪燃焼させ、太りづらい身体へと改善させる効果が期待できるようです。

ちょっと待った!骨盤サポート座椅子&座布団選びの注意点

骨盤クッションの効果を高めるためには、しっかり自分に合ったサイズを選ぶ必要があります。

人によって骨格や、お尻の大きさなど個人差がありますので、自分にフィットするものを使用しましょう!

座るシーンに合わせる

自宅で使用するのか、オフィスで使うのかでも違ってきますし、イスなのか床に直接座る座布団タイプなのか種類は様々です。

長時間、自宅で座る人は背もたれが付いているとリラックスして楽に使用でるのでおすすめです。

オフィスで使う座布団であれば、コンパクトで落ち着いたカラーのものを選ぶようにしましょう。

また、旅行やスポーツ観戦などレジャーで使用する場合は、折り畳み式のものを選ぶと持ち運びに便利です。
 

洗濯ができるものを選ぶ

毎日使うものですので、いずれは汚れてきてしまうものです。

骨盤チェアの中には丸洗いできるのやカバーが取り外し可能なものまで、種類はたくさんありますので、
長く衛生的に使用できるものを選ぶようにしましょう。

 

硬めがおすすめ

座り心地は大切ですが、あくまで骨盤を矯正させることが目的ですので、あまり柔らか過ぎても骨盤のサポートには効果がありません。

かといって硬すぎて長時間座っていられませんので、骨盤のホールド感を感じることができて、且つお尻が痛くならないものを選びましょう。

オフィスにピッタリ!骨盤矯正サポート座布団3選


本来であれば、整体やカイロプラクティックなどのサロンでプロに骨盤に状態を診てもらい、時間をかけて矯正してもらうのが1番効果的ですが、忙しく時間がなかったり、通い続ける費用などを考えると気が引けてしまいますよね。

そこで、手軽に始められるのが、骨盤サポート座布団です。

クッションをお尻に敷くだけで、簡単に始められるので座っている時間が長い人は試してみてはいかがでしょうか?

コジット らくちん美尻クッション

http://urx.space/3nwW

サイズ:約40cm×38cm×10cm
 
通常の座布団のような見た目ですが、盛り上がったサイドが開いた骨盤を内側へ矯正してくれます。

地味すぎず、主張しすぎない色合いもオフィスにピッタリです。

東急スポーツオアシス フィットネスクラブがつくったほぐしーと

http://shop.sportsoasis.co.jp/e-hoguc

サイズ:約37cm×37cm×11cm
 
スポーツクラブ「東急オアシス」によって開発され、骨盤矯正の他にエクササイズ効果も期待できる商品です。

この1つで、柔軟性・バランス力・正しい姿勢が手に入る優れものです。

オフィスで使うことで、正しい姿勢をくせづけることができます。

メイダイ 勝野式 携帯円座 Gクッション

https://www.meidai-net.com/SHOP/09006.html

サイズ:約38cm×38cm×7cm
 
折りたたんで持ち運べるのが魅力的!最近では、フリーアドレス席で固定されたデスクがないオフィスもあります。

ですので、オフィスに置いていけない人や、旅行やレジャー用にも、様々なシーンで活躍できる商品です。

自宅で簡単!おすすめ骨盤矯正椅子3選!


自宅用の座椅子には、ソファ型・座椅子型・足付き型の3種類があり、中には電動で背筋や骨盤周りを引き締める機能まであるので、さらに効果を期待することができます。

また、マッサージの機能が付いているものあるので、骨盤矯正以外にリラックスしたい人にはおすすめです。

THRIVE(スライヴ) フィットネスチェア エアリズム

サイズ:50×48×48cm
 
ソファ型の電動骨盤矯正椅子で、内蔵されているエアバックにより、骨盤の加圧&減圧を行い座っているだけで下半身の引き締めに効果的です。

また、3つの自動コースの中には側腹筋や脊柱起立筋を鍛える機能が備わっているので、トレーニングにも最適です。

メイダイ 美姿勢習慣

サイズ:430×880×550mm
 
坐骨にしっかりフィットする人間工学の基づいた設計で、医学博士が監修した信頼のおける商品です。

14段階のリクライニング機能で、座ったままストレッチが可能。

他にも様々なエクササイズの説明が付いてくるので、座椅子をフル活用して美活に励むことができます。

ツカモトエイム ポルト エアリーシェイプ スタイル ラボプラス(ローズ)

サイズ:65×55×69.5cm
 
お好きな5つのストレッチコースから選べ、骨盤周りをストレッチしてくれる優れものです。

骨盤周りにフィットする座り心地は、1度座ったらクセになる気持ちよさがあります。

こんな商品もあるの!?骨盤矯正アイテム


骨盤矯正のアイテムは椅子や座布団だけではありません!

美しくなるために、いろいろなアイテムの力を借りて抜群のスタイルを手に入れましょう。

オオサキメディカル ダッコ キュッとベルト

ズレにくく、柔らかな素材で産後直後から使えると人気の骨盤矯正ベルトです。

病院でも推奨されているので、安心して使用できます。

キュリーナ(Culina)

履くだけで、骨盤矯正や脂肪燃焼できる着圧パンツです。

SNSやInstagramでも話題となり、たるんだお尻に効果が期待できます。

PROIDEA(プロイデア) エクササイズグッズ 下腹スリムスイングアクティブ

骨盤を回しながら矯正し、気になる下腹をスリムにしてくれる商品です。

骨盤周りの筋肉を刺激し、ウエストにも効果を発揮してくれます。

1日たった3分で手軽にエクササイズできるので無理なく続けられます。

まとめ


いかがでしたか?長時間の座りっぱなしは、こんなにも身体に不調をきたし「椎間板ヘルニア」や「坐骨神経痛」、「ガンのリスクを高める」など深刻な病気を引き起こす原因にまで発展してしまうことが分かりました。

しかし、現代では、パソコン作業やスマホの操作なくして生活できないのも現実です。

ですので、しっかりと意識的に身体の不調を取り除く対策を取り、ケアしてあげることで、健康的で美しい身体を手に入れましょう!
 

この記事が良い!ためになる!と思ったら♥LOVEお願いします
LOVE
 

    ABOUT

     
    この記事を書いた人

関連ダイエット記事

    • ダイエット方法

    迷ったらこれ!ダイエット動画まとめ決定版【ダイエット初心者女子編】

    2019.04.15

    • ダイエット方法

    「私は1日何カロリー?」ダイエットの目標、年齢、性別に合わせてあなたの摂取カロリーをCheck!

    2019.04.11

    • ダイエット方法

    今日からできる『便秘解消』!ダイエットを成功させるためには

    2019.04.04

    • ダイエット方法

    小顔になりたい人必見!顔太りの原因と効果的なエクササイズとは!?

    2019.03.18

    • コンディショニング

    痩せたい40代必見!40代がダイエットで気をつけるべきポイント

    2019.02.03

ダイエット記事を読む

ダイエット記事
カテゴリ一覧