小顔になりたい人必見!顔太りの原因と効果的なエクササイズとは!?

LOVE

女性なら誰しも芸能人のような小顔に憧れますよね。

そのために一生懸命ダイエットするなんてことも・・・

輪郭がシュッとシャープになると、家族や友達から気づかれることも多くなり、痩せたことを改めて実感することができるはずです。

しかし、体重が落ちてダイエットに成功しても

「あれ?顔は痩せていない!?」

なんていう経験がある方もいるのではないでしょうか?

ダイエットにおいて、「顔だけ痩せる」「脚だけ痩せる」などといった部分痩せは難しいですが、体重とは関係なく顔が大きく見えてしまう原因もあるようです。

今回は、顔が太ってしまう原因を見つけて、少しでも輪郭をシャープに見せられる方法をご紹介していきます。

ダイエットに成功しても、顔が痩せた実感を持てない方は、是非参考にしてみてください!

顔が太って見える原因とは


顔が太って見える原因として、二重顎・たるみ・凝り・むくみ・エラが張っているなどいくつか種類があります。

あなたが「顔が太って見える」と感じる原因を探って、それぞれの解決法を見つけていきましょう。

では、それぞれ解説していきます。

二重顎

二重顎の原因として、「脂肪」「たるみ」「むくみ」「姿勢」が考えられます。

脂肪や、たるみで、顎の下のたるんだお肉を引き締めるには、顎の筋肉を鍛えることで解消されていきます。

また、見落とされがちなのが、姿勢が悪いことで引き起る二重顎です。

これは、ストレートネックが原因で、首の骨がS字カーブを描けなくなり、頭が前へ突き出した状態が保たれます。

この姿勢に慣れてしまうと、首の前に脂肪が蓄積されやすく、二重顎になるというメカニズムです。

たるみ

年を重ねる毎に、フェイスラインがぼやけてきたり、顔が重力に負けてきたなと感じる人もいるのではないでしょうか?

顔が大きく間延びして見えるだけでなく、老けた印象をも与えかねませんし、頬がたるむとやつれた印象を与えかねません。

そんなたるみの原因は、表情筋が上手く使えていないことが1つの原因です。

表情筋とは、その名の通り、笑ったり泣いたり、びっくりしたときに使われる顔の筋肉で、長時間PCやスマホを見ていることで、人と話す機会が減り、表情筋を使うことが少なくなってしまったことも考えられます。

20代後半から既に「たるみ」を気にする女性が増えてきているそうです。

また、冷え性や食生活によって顔に老廃物が溜まることが原因で、その重みに耐えられず、たるんでしまうこともあるようです。

顔の凝り

「顔も凝る」ということをご存知でしょうか?

首や肩凝りはよく耳にするものの、顔が凝ると聞いてもなかなかピンとこないかと思います。

当然、顔にも筋肉があるため血流が悪くなれば、顔周辺の筋肉が凝り固まることで顔が大きくなったり、その他にもハリが無くなり、シワの原因になるなど、美容面でも悪影響を及ぼしかねません。

むくみ

男女問わず、むくみを感じた経験がある人も多いのではないでしょうか?

顔のむくみは、リンパの巡りが悪くなることで、老廃物や余分な水分が溜まることで引き起ります。

原因として、肩凝りによる血行不良や、水分不足、睡眠不足、塩分・糖分の摂り過ぎなどが考えられます。

少し意外だったかもしれませんが、逆に水分不足だと、身体は少量の水分でも溜め込もうとするので、むくんでしまうのです。

エラ張り

エラ張りは生まれつきの骨格の問題もありますが、筋肉の発達が原因で引き起っていることが多いようです。

奥歯を噛み締めたときに、ポッコリ出る筋肉を「咬筋」と呼び、その筋肉が発達することによって、エラが目立ってしまうのです。

これは、無意識のうちに行っている食いしばりや、寝ているときの歯ぎしりなど、ストレスを感じているときに起きやすい現象です。

無意識のうちに行ってしまっているため、改善しにくく、どんどん咬筋が発達してしまいかねません。

このままじゃ小顔になれない!解消法とは!?


原因が分かったところで、小顔に近づくための対策をそれぞれご紹介していきます。

毎日コツコツ続けてみましょう。

二重顎の解消法

対処法としては、エクササイズで二重顎をシャープにすることができます。

具体的なエクササイズ法を見ていきましょう。

二重顎解消フェイスエクササイズ

舌を出し入れするだけの簡単エクササイズで、二重顎を撃退していきます。

寝る前やトイレに行ったらエクササイズするなど決めておくと、習慣化できるのでおすすめです!

たるみの解消法

たるみを解消することで、シワや老けた印象を改善することにも繋がります。
たるみを感じたら、年齢問わず早めに対策を打ちましょう!

フェイスラインが変わるリフトアップマッサージ

顔からこめかみ、そして頭頂部にかけてこすり上げていくのがポイントです。

たるんだフェイスラインをたった2分でグッと持ち上げていきます。

凝りの解消法

顔の凝りをほぐすことで、小顔効果だけでなく、肌にハリを蘇らせることができます。

頬ほぐしマッサージ

指先で咬筋をほぐしていき、さらに、指を口の中に入れて口の中から顎をほぐしていくという斬新なマッサージ法です。

次に、首回りをマッサージしていきます。普段あまり触れない場所ですが、首回りがほぐれて気持ちが良いです。

むくみの解消法

むくみの解消法は、様々な方法がありますが、これからご紹介するのは、簡単に続けられる方法です。

飲みすぎてしまった翌日も効果的なので是非試してみてください。

たった1分で顔がスッキリするマッサージ

耳周辺にあるツボとリンパを刺激して血行を良くするマッサージです。

また、目の周りのマッサージでむくみだけでなく、目元もスッキリできちゃいます。

エラ張りの解消法

エラ張りは、既に遺伝や、輪郭だからと諦めていませんか?

しかし、解消法はあります!

どうしたら筋肉の発達を食い止め、エラ張りを解消することができるのでしょうか?

エラ張り解消には意識が大切

とにかく、歯の食いしばりを止めるには、意識的に上下の歯が当たらないように気を付けてみてください。

普段から、上下の歯が接触している人は、歯を食いしばってしまっている可能性が高いです。

また、その際の舌の位置も重要です。
舌は、上顎にくっつけた状態が正しい位置ですので、これが自然とできるように舌を鍛えましょう!

マッサージも効果的です。是非試してみてくださいね。

続いては、マッサージする際の必需品!おすすめのオイルやクリームをご紹介します!

おすすめオイル&マッサージクリーム3選


マッサージを行うに当たって、滑りを良くするためにオイルやクリームを必ずつけて行ってください。

何も付けずに行うと、どんなに優しくマッサージをしても必ず摩擦は起こり、それによって肌トラブルを引き起こしかねません。

その摩擦から肌を守ってくれるのが、マッサージクリームやオイルは必要不可欠なアイテムです。

エスティーローダー マッサージマスク

https://goo.gl/DYsg6s

基礎化粧品のイメージがある、エスティーローダーですが、マッサージクリームも人気の商品です。

付属されているマッサージマスクを使って、肌にクリームをじんわりとなじませていくことで、肌のキメが整いリフトアップ効果が期待できる商品です。

SK-Ⅱ フェイシャルトリートメントマッサージクリーム

https://goo.gl/6C4mdQ

保湿成分がしっかり入ったSK-Ⅱのフェイシャルトリートメントマッサージクリーム。

肌トラブルや乾燥が気になる人に、特におすすめで、首からデコルテにかけて保湿することができます。

マッサージとの相乗効果で肌に透明感を出したい人におすすめです。

資生堂 ドルックス マッサージクリームN

https://goo.gl/81unqx

大人気の資生堂から発売されている商品ですので、ドラックストアなど手に入りやすのも魅力的なマッサージクリームです。

クリームの伸びが良いので塗りやすいのがポイント。

保湿の持続力が高いので、乾燥肌が気になる方には是非おすすめです。

しっかりケアして小顔を目指そう


女性であれば特に、小顔に憧れるもの。

だからと言ってダイエットしても、顔の大きさは変わらないこともあります。

顔に贅肉がつかないよう、姿勢を意識したり、顔の凝りをほぐして老廃物を排出できるよう、普段からフェイシャルケアを徹底して行いましょう。

毎日コツコツ行うことで、必ず結果は付いてきてくれますよ。

コンプレックスを解消して、自信に満ち溢れた自分を目指しましょう!

この記事が良い!ためになる!と思ったら♥LOVEお願いします
LOVE
 

    ABOUT

     
    この記事を書いた人

関連ダイエット記事

    • ダイエット方法

    迷ったらこれ!ダイエット動画まとめ決定版【ダイエット初心者女子編】

    2019.04.15

    • ダイエット方法

    「私は1日何カロリー?」ダイエットの目標、年齢、性別に合わせてあなたの摂取カロリーをCheck!

    2019.04.11

    • ダイエット方法

    今日からできる『便秘解消』!ダイエットを成功させるためには

    2019.04.04

    • コンディショニング

    痩せたい40代必見!40代がダイエットで気をつけるべきポイント

    2019.02.03

    • ダイエット方法

    ダイエットが続かない人に試してほしい厳選5項目

    2019.01.31

ダイエット記事を読む

ダイエット記事
カテゴリ一覧