ダイエットが続かない人に試してほしい厳選5項目

LOVE
一大決心で始めたはずのダイエットなのに、飲み会やパーティーの予定が入って続かない。一人でいるときも無性にお菓子が食べたくなってしまうし。そんなこんなで万年ダイエッターになってしまいそうな方、多いのでは?ダイエットの成功はダイエットの継続とほぼイコール、つまり続けることがダイエットの成功につながるのです。実は、続けるためにはモチベーションを保つことがとても重要です。今回は、モチベーションをキープしてダイエットを続けるためにお役立ち情報をご紹介します。

大目標をたてるときのポイント


ダイエットをはじめるとき、目標をしっかりたてていますか?ただ痩せたいだけでは、目標になりません。明確な目標がないと、モチベーションが保ちづらく、辛い時にやめてしまいがち。最終的にどうなりたいのかを考え、目標設定しましょう。ポイントは、イメージをもつことと期限を設定することです。

イメージをもつ

最終的にどうなりたいのか、イメージできていますか?
 
「今より5kg痩せたい」という目標を見かけることが多いようですが、もう少しその先をイメージできるものが理想的です。
 
例えば
「今より5kg痩せて、今まで着ることができなかったワンピースを来てデートにでかける。」
「スタイルに自信がなくて行けなかったプールに、お気に入りの水着をきていく。」など。
 
その時の気持ちをイメージしてワクワクできれば、それはとてもよい目標です。

期限を設定する

イメージができたら、いつまでに達成したいのかの期限を設けましょう。
期限を設定したら、その日から逆算して、いつまでに何kg減量していれば達成できるのか、目安を置くことができます。
 
自分のダイエットが順調に進捗しているか、少し遅れ気味なのかを把握することで、調整しやすくなるのです。
このとき、あまり期限を短く設定しすぎないようにしましょう。
 
例えば「2週間で5kg痩せる」という目標は達成が厳しく、また身体にも負担をかけてしまいます。
実現可能な期限を設定することがコツです。

小目標をたてるときのポイント


大目標をたてたらば、次は小目標をたててみましょう。小目標は、大目標達成のために必要な小さな目標です。
例えば、今まで着ることができなかったワンピースを着るために、二の腕を細くする、水着を着るために腹筋をつける、など。
そして、そのためにやるべきことをリストに書き出しておきましょう。

    例)腹筋をつける
  • 腹筋トレーングを1日10回3セット
  • 椅子に座る時は背もたれによりかからない

リストにやるべきことや回数を書き出しておくと、大目標達成のために何をすればよいのか明らかになり、普段の生活の中でも意識しやすくなります。

毎日記録する


なにをするのかはもちろん大切ですが、ダイエットにおいていちばん大切なのは「続けること」続けるためには、毎日記録を残すことが効果的です。
 
記録を残すことには様々なメリットがありますが、ひとつは自分を客観的に振り返ることができることです。自分がどれくらい頑張っているのか、頑張った結果どんな変化がでてきたのかに気づくことができるでしょう。
 
そして諦めそうになったときには、ここまでやったのだからもう少し頑張ろう、というモチベーションにもつながるでしょう。
毎日記録するときのポイントは3つあります。

数字にとらわれない

毎日の記録には体重値や、腕、足、ウエストの細さなど、数値を記録します。
ただし、この数字だけにとらわれないことが重要です。
 
なぜならば、体重はある程度減量すると停滞期というものが訪れ、一定期間減量しなくなることがあります。腕や足、ウエストの細さはトレーニングを頑張ったからと言ってすぐに変化が訪れないこともあるでしょう。
 
頑張った分だけ結果に期待をしてしまいがちですが、期待しすぎてしまうと逆にがっかりし、モチベーションが落ちてしまいます。
 
数字の変化より、行ったトレーニングの量や歩いた距離、または食べることを我慢したお菓子や一駅多く歩いたことなど、何をどれだけ頑張ったのかを記録残すことがおすすめです。

失敗しても記録する

記録を残す時、いいことばかりを書きたいと思いますよね。食べすぎてしまった日などは、罪悪感が残るので記録を残さない、なんてこともやってしまいがち。
 
しかし、大切なのは “記録を残すこと”
失敗した日も、それを記録してどうしたら失敗しなかったのかを考えると効果的です。
 
例えば、飲み会で食べすぎてしまった日。飲み過ぎ、食べ過ぎで体重が1kg増えたとしてもそれをしっかり記録しましょう。
1kg増えたという事実を確認することが、その後に食べすぎないよう気をつけたり、増えた分を挽回するために頑張る気持ちになるかもしれません。
一番やってはいけないことは、なかったことにする、ということです。

SNSを利用する

記録を続けることが難しい方は、SNSを利用する方法もおすすめです。
 
ツイッターやインスタグラムでダイエット専用アカウントを作り、日々の食事やダイエットの記録を投稿しましょう。
SNSのよいところは、人とつながることができること。
 
頑張った記録を投稿すると、「いいね」や応援のコメントがつくので一人ではなく、ダイエッターの仲間みんなで頑張るっている気持ちになり、モチベーションを維持しやすくなります。
ポイントは「#ダイエット記録」のハッシュタグをつけること。
 
ダイエットを頑張っている人とつながることができ、「いいね」やコメントがつきやすくなりますよ。

効率的に運動する


ダイエットが続かない人は、無理をしてしまう人が多いようです。
毎日忙しい合間をぬってジムに通って激しいトレーニングしてみたり、嫌いなランニングをつづけてみたものの、辛くなってやめてしまった、なんて経験ありませんか?
 
より早く、効果的に痩せたいのであればとくに取り入れたいものですよね。
しかし、無理は禁物です。トレーニングや運動が得ではない方や忙しくてなかなか取り組めない方は、無理をせずにできる運動を取り入れてみましょう。
 
例えば、通勤電車を一駅手前で降りて少し多く歩く、テレビを見ながらできるトレーニングを行う、歯磨きをしながらかかとを上げ下げするなど。
簡単なトレーニングでも、毎日の積み重ねが結果につながるでしょう。

いかがでしたか?

ダイエット中の方も、これから始める方も、大切なことは「続けること」
 
そのために、目標を立てること、記録をつけること、効率的に運動することは、少し地味に思うかもしれませんが、実はとても効果的。これからでも遅くはありませんので、ぜひ実践してみてくださいね。

この記事が良い!ためになる!と思ったら♥LOVEお願いします
LOVE
 

    ABOUT

     
    この記事を書いた人

関連ダイエット記事

    • ダイエット食品

    糖質制限中にお役立ち?スープの上手な活用法

    2019.05.20

    • ダイエット食事

    ランチ、何食べてますか?ダイエット中の昼食メニューはこれで決まり!

    2019.05.09

    • ダイエット食品

    実は低カロリー!?ダイエット中におすすめのヌードル・ラーメンまとめ

    2019.05.08

    • ダイエット方法

    「頑張ってるのに痩せない…!」管理栄養士が教えるダイエット停滞の理由

    2019.05.08

    • ダイエット食事

    その空腹、ダイエットのせいだった?もう我慢しない!ツラい空腹から解放されるコツ

    2019.05.08

ダイエット記事を読む

ダイエット記事
カテゴリ一覧