管理栄養士が教える!誰でもできる簡単スープダイエット

LOVE
一汁三菜ということばがあるように、日本の食事において汁物は一般的な食べ物。

様々な食材を食べることができて体もあたたまるスープを、上手に食生活にとりいれると健康的に痩せられるということで、スープダイエットが注目されています。

しかし、ただスープを食べればよいというわけではありません。

どんな食材を使ってどんな味のスープにするか、そして、いつどのように食べるかも重要なポイント。

今回はよりダイエットに効果的なスープについて考えてみました。

この記事でわかること

・スープダイエットの方法
・スープダイエットのメリット
・スープダイエットの注意点
・スープダイエットの効果を高めるポイント

まずは、あなたの頑張りたいペースに合わせて、スープダイエットの方法を決めていきましょう。

簡単スープダイエットの方法

簡単スープダイエットときくと、毎食スープしか食べられないダイエットと思われてしまいがちですが、そうではありません。

1日のうち1食をスープに置き換える方法もあれば、毎食スープをメインに食べながら、炭水化物やタンパク質も一緒に適量食べながら体重を落としていく方法もあります。

自分の頑張り度合いに合わせてやり方を変えることができ、どちらの方法をとってもきちんと食べるダイエット方法なので、我慢するストレスや不健康に痩せてしまう心配がありません。

ダイエットのモチベーションに合わせて選ぶことをおすすめします。

マイペースに頑張りたい人

・1日3食の主菜をスープに置き換える
・毎食炭水化物も適量食べる

早く痩せたい人

・朝食、昼食の主菜をスープに置き換える
・夕食はスープだけにする(炭水化物は食べない)

スープダイエットのメリット


スープダイエットは栄養バランスの取れた食生活を保つことができるため、健康的と言えますが、実は他にも嬉しいポイントがたくさんあります。

野菜をたくさん食べられる

生の野菜をたくさん食べるのはなかなか大変ですが、スープにすることで野菜のかさが減り、色んな種類の野菜を量多く食べることができます。

色んな種類の野菜を食べることができると摂取できるビタミン・ミネラルの幅も広がります。その結果お肌の調子や体調が良いと感じられるかもしれません。

また、野菜の量をたくさん食べられるようになると、お腹の満腹感が得られます。

野菜に含まれる食物繊維やスープの水分そのものが満足感を促してくれるため食べ過ぎを防ぐ効果も期待できるでしょう。

冷えを改善する

温かいスープを食べることで、身体が温まり体温アップに繋がります

体温が上がると伴って代謝がアップするため太りにくいからだづくりに効果的です。

体の冷えは痩せにくいからだの原因となるため、しっかり温めたスープを食べることが大切です。

飽きにくい

一言にスープといってもそのバリエーションは無限。

スープの具材と味付けの組み合わせで何通りにもなるスープは、例えば「りんごダイエット」のような単品ダイエットと比べて飽きにくいと言えるでしょう。

自分お気に入りのスープを考えることで、楽しみをつくることもできますね。

調理が簡単

スープとは、簡単に言ってしまえば具材を水で煮て、味付けを加えたもの。

焼いたり揚げたりといった難しい調理がないので、普段料理をしない方でも比較的簡単に作ることができます。

注意!ダイエットにならないスープ

スープならば何でも良いわけではありません。

スープであっても、材料や味付けによってはダイエットの妨げになったり、太りやすいスープになってしまう場合もあります。

スープダイエットを実践する場合は、下の2点に注意しましょう。

糖質具材の入れすぎに注意!

スープの具材の中には、ヘルシーなイメージが強いのに、意外と糖質を多く含む食材があります。

例えば春雨

春雨スープは、スープ自体のカロリーが少なくヘルシーな印象が強いスープですが、実は春雨の主成分は炭水化物。

春雨スープのようなつるつる食感がほしいときは、しらたきで代用すると糖質ゼロになります。

また、野菜だからヘルシーと思っていたら、実は糖質を多く含む根菜類。

例えばかぼちゃや、じゃがいも、人参は糖質が多い野菜といえるでしょう。

これらを使ったスープ、パンプキンスープやじゃがいもが多く使われるポトフ、ポタージュ類には要注意です。

脂質の量に注意!

クラムチャウダーのように、チーズや生クリームの入ったスープは濃厚でとっても美味しいですよね。

しかし、これらを含むスープは脂質が多く、カロリーも驚くほど高いもの。

スープダイエットではクリームやバター、チーズが使われているスープはできるだけ控えましょう。

どうしても食べたい場合、クリームを低脂肪乳に置き換えて作ることをおすすめします。

それだけでカロリー、脂質ともに抑えることができます。

効果的なスープダイエットのポイント

スープダイエットをより効果的にするためには、代謝アップや筋力アップにつながるもの、または低カロリーなスープを選ぶと良いでしょう。

代謝アップ

代謝アップのためにおすすめなのは、スープに生姜をいれること

生姜に含まれるジンゲロールは、加熱するとショウガオールという成分に変わり、血行をよくしてくれます。

血行がよくなることで代謝がアップにつながるのです。

筋力アップ

筋力がアップすると、何もしなくても消費するエネルギーも自然と多くなります。

つまり痩せやすい体になるのです。

筋力をアップするためには、まず筋肉の材料となるタンパク質を摂取すること。

スープにタンパク質食材をいれましょう。

その際、脂質も一緒にとってしまわないように注意しましょう。豆腐や大豆、ささみなどがおすすめです。

低カロリー

低カロリー食材を利用すれば、ヘルシーながらも満足感のあるスープを食べることができます。

低カロリー食材としてスープにおすすめなのは、きのこ類、海藻類、葉野菜。

これらはたくさん食べても脂肪として蓄えられにくく、ビタミン・ミネラルを補うことができるので嬉しい食材です。積極的に取り入れてみましょう。

スープダイエット、はじめてみませんか?


スープは味も具材もバリエーション豊か。

その中には、スープダイエットに向いているものもあれば、そうでないものもあります。

今回はスープダイエットをするなら知っておきたいポイントを挙げてみました。

しっかり食べることができて、我慢やストレスが少ないスープダイエットは健康的に痩せることができる、という意味でもおすすめなダイエットのひとつです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事が良い!ためになる!と思ったら♥LOVEお願いします
LOVE
 

    ABOUT

     
    この記事を書いた人

関連ダイエット記事

    • ダイエット食品

    糖質制限中にお役立ち?スープの上手な活用法

    2019.05.20

    • ダイエット食品

    空前のプロテインブーム!女性のための失敗しないプロテイン選び

    2019.05.17

    • ダイエット食品

    実は低カロリー!?ダイエット中におすすめのヌードル・ラーメンまとめ

    2019.05.08

    • ダイエット食事

    その空腹、ダイエットのせいだった?もう我慢しない!ツラい空腹から解放されるコツ

    2019.05.08

    • ダイエット食事

    ダイエットの要!夜ご飯の食材の選び方と食べ方ポイントまとめ

    2019.05.07

ダイエット記事を読む

ダイエット記事
カテゴリ一覧