管理栄養士が語るファスティング体験記

LOVE
ファスティング、すなわち「断食」。
断食というと、何も食べず空腹におそわれながら辛い体験を想像する方も多いのではないでしょうか。
私自身、そんな思いをしてまでファスティングはちょっと…と考える人間でした。
しかし、かくかくしかじかで自分自身がファスティングを実施することに。
今回は、自分自身の体験を個人の体験記として綴りたいと思います。

7日間ファスティングの概要


一概にファスティングといっても、その方法は様々。
今回、私が体験したファスティングは7日間プログラムのものでした。
7日間の構成は、準備期間2日、絶食期間3日、回復期間2日です。

準備期間

さっそくファスティング開始です。
しかし、いきなり絶食するなんてことはありません。
最初の2日間で絶食の準備をするのです。
導入期とも言われるこの期間では、絶食に入る前の腸内を整える食事を摂るとのこと、消化に時間のかかる肉類や油ものは避け、和食中心の炭水化物少なめな食事、例えばなめこおろしや野菜たっぷり味噌汁をいただきます。
この食事を続けるだけでも痩せそうな献立です。
準備期間2日目は夕食を18時に食べて早めに就寝…。

絶食期間

週末の休みに合わせて絶食期間開始です。
絶食期間中、固形物の食事はしませんが「酵素ドリンク」と呼ばれるファスティング用に作られたドリンクを水で希釈しながらのみました。
これで必要な栄養素を補うのです。
絶食1日目、想像通り空腹感に襲われます。
が、酵素ドリンクをのむことで解消することができるため、それほど辛く感じることはありませんでした。
本当に辛かったのは2日目。
エネルギーが枯渇したのか、朝からぼーっとしたり眠気におそわれます。
また、頭痛や寒気を感じることがあり風邪をひいたのかと思うほど。
体温が下がっていたのでしょう。
そして絶食3日目。
前日までとはうって変わり、起きたときから頭がスッキリ、集中力が高いと感じる1日でした。
もう1,2日絶食いけるんじゃないか?と思ってしまうほど。
3日間固形物をたべていないので、もちろんお腹はぺったんこです。

回復期間

3日ぶりの食事です。
実はもっとも大切なのが回復期間。
この期間で何をどう食べるかで効果も変わってくるようです。
1日目の朝食、昼食のメニューはお粥(重湯)でした。
久しぶりの食事なので、味に敏感になったような気が…。
お米固有の甘みを感じられます。
夕食からは味噌汁(具なし)も飲みました。
2日目も動物性タンパク質の摂取は控え、味付けは薄味。
お粥と野菜を柔らかく煮た物をいただきました。
夕食で久しぶりのタンパク質、豆腐をたべました。
消化器官も久しぶりの固形物にびっくりしてしまうため、よく噛むことが大切なんですね。
久しぶりの食事なので早く食べたいと逸る気持ちを抑え、よく噛んで食べるのが大変でした。

ファスティング中に感じた心と身体の変化


絶食の1,2日目はなんとなくだるい気分や、眠気に襲われますが、その峠を越えた3日目、びっくりするほどの体調の変化を感じられました。
大きい変化でいえば、寝起きが良くなったことです。
いつもギリギリまで寝ていたい気持ちで起きる私でしたが、起床予定時間より1時間に目が覚め、目覚めの気分もすっきりです。
そしてわかりやすい変化が便秘解消。
女性はとくに便秘で悩む人が多いようですが、私も他人事ではありませんでした。
しかし絶食して3日目あたりから、自然と改善。
回復期間で食事が始まったあとも、便秘することはありませんでした。

終了後の様子


ファスティング開始と終了で体重差は-2kg。
もとの体重が53kgでしたので、小さくはない変化だと思います。
そして、「まわりから痩せた?」という声や「顔が小さくなったね。」と言われました。
2kgの減量ではそれほど外見に影響しないものの、むくみが解消されて痩せたように見えたのかもしれません。
そして、ファスティングを終了して、私自身の意識が変わりました。
せっかく7日かけておこなったファスティングの効果を無駄にしたくない、という気持ちがはたらくので食べ過ぎ防止にはたらきます。

ファスティングのコツ

スケジュール調整が大切

ファスティングをするのであれば、スケジュール調整が重要になってきます。
絶食期間、個人差はありますが、空腹はもちろん頭痛や寒気、気持ちのだるさなどを感じることがあります。
そんな時、仕事の繁忙期が重なって倒れてしまう、なんてことのないよう、できるだけ休日にあてるのが良いでしょう。

時間の使い方が大切

実は、私が絶食期間に辛いと感じたのは、空腹ではありませんでした。
空腹よりも、食事以外のことで1日の時間をどう使えばよいのかということ。
そんな時は軽い仕事をしたり映画を見るのがおすすめです。

できれば1人ではなくて仲間と一緒に

また、できれば一人で行うのではなく、仲間と一緒にファスティングすることがおすすめです。
辛いときに気持ちを共有できて、励ましあうことができると乗り越えることができます。
相手が経験者であればなおさら良いですよね。

いかがでしたか?

今回は個人の経験に基づくファスティング体験記を綴りました。
ファスティングに興味がある人、これからファスティングしようと考えている方の参考になれば幸いです。

この記事が良い!ためになる!と思ったら♥LOVEお願いします
LOVE
 

    ABOUT

     
    この記事を書いた人

関連ダイエット記事

    • ダイエット食品

    糖質制限中にお役立ち?スープの上手な活用法

    2019.05.20

    • ダイエット食事

    ランチ、何食べてますか?ダイエット中の昼食メニューはこれで決まり!

    2019.05.09

    • ダイエット食品

    実は低カロリー!?ダイエット中におすすめのヌードル・ラーメンまとめ

    2019.05.08

    • ダイエット方法

    「頑張ってるのに痩せない…!」管理栄養士が教えるダイエット停滞の理由

    2019.05.08

    • ダイエット食事

    その空腹、ダイエットのせいだった?もう我慢しない!ツラい空腹から解放されるコツ

    2019.05.08

ダイエット記事を読む

ダイエット記事
カテゴリ一覧